ディーラーの選び方

保証制度を設けている

安さを売りにしているディーラーの中には、すぐに故障する粗悪な車を販売しているところもあります。購入後の一定期間なら保証してくれるディーラーなら、万が一故障や不具合があっても無料で修理してもらえるほか、お店の損になるので粗悪な車を販売する可能性は低くなります。そのため、保証制度がしっかりしているディーラーを選ぶのが賢明です。見た目が綺麗な車であっても、整備がきちんと行われていないと安全に乗ることはできません。内部の状態が良いかどうかは素人が見てわかるものではないため、ディーラーの信頼度が大切になります。整備をしっかり行っている、保証制度が整っている、鑑定書を出してくれるなど、総合的なサービスを展開しているディーラーがおすすめです。

スタッフの対応が良い

優良なディーラーを見極めるポイントとしては、スタッフの対応を見ることも大切です。来店した時に挨拶してくれるのはもちろんのこと、身だしなみもきちんとしており、誠実な対応をしてくれるところを選びましょう。それぞれのスタッフが販売ノルマを抱えていることも多く、悪いところを隠して売りつけようとするディーラーもあります。お客さん目線で、適切な車を選んでくれるディーラーが理想です。また、スタッフの対応だけでなく、敷地内が綺麗に掃除されているかもチェックしましょう。不潔な印象のディーラーは、車のメンテナンスなども怠っている可能性が高いので避けるのが賢明です。清潔な印象で店構えにおもてなしの精神が感じられるディーラーは、優良店の確率が高まります。

中古車のリースは、費用が安くて定額制なので、幅広いシーンで利用することが出来ます。納車も早くてすぐに利用できます。